チェーンの疲労試験基準と応用について

チェーンの疲労試験基準と応用について

疲労強度試験は、チェーンの実際の使用状況に最も近い試験方法と考えられます。 チェーンは使用中は常に動作しているため、チェーンの疲労寿命と限界値を知っておく必要があります。 このテストの目的は、チェーンが恒久的に破断しない引張荷重の程度(理論上)を探ることです。 通常のチェーン(ステンレスを含まない)の場合、疲労強度は最大許容荷重と同じです。

会社案內

会社案內

1977年に成立したMCCは、各業界で使用されている動力伝動ローラーチェーンの研究開発と製造に於いて40年以上の経験があります。

カスタマイズ

カスタマイズ

優れたR&Dチームがチェーンの開発と設計における豊富な経験によって、お客様のニーズを満足させるため、新しい製品の研究と製造に取り組んで行きます。

最高な品質管理・検査設備

最高な品質管理・検査設備

お客様に最高品質、信頼できるMAXTOPチェーンを提供いたします。供給、製造過程から最終製品に至るまで、優れた品質保証を確保するために、各チェーン生産過程は最も厳しい品質基準に基づいて、それぞれの専用設備と実験室設置されています。

カタログ

カタログ

詳細な製品情報とチェーンの潤滑については、カタログでご覧ください。